私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

迷子の土地とは?

2017年06月19日

今回は、迷子の土地についてお話し致します。

 

このまま放置すれば大変になると言われる「迷子の土地」というものがあります。

ちなみに、所有者が分からない土地の事で、全国で急増しているようです。

住宅購入時には、この迷子の土地は果たして購入にあたいする土地なのでしょうか?

結論から言うと、迷子になるぐらい、身内の方も放置しているような土地の可能性が高い。

購入するには微妙な土地といえるケースが多数です。

 

法務省は先日、全国10地区を対象に相続登記に関する初の実態調査を実施しました。

最後に登記されてから50年以上たつ土地が中小都市・中山間地域で26.6%、大都市でも6.6%あったようです。

こうした土地は当時の所有者が亡くなった後も放置され、

現在の所有者がすぐにわからない可能性があるようです。

山林や田畑だけでなく、大都市の宅地でも5%以上が登記から50年以上過ぎているようです。

迷子の土地が増えると、公共事業や災害復旧の際に用地を迅速に取得できなくなります。

実際、東日本大震災で高台に被災者向けの宅地を整備した時に問題になり、

早期の復興の妨げになった事もありました。

所有者がわからなければ固定資産税の徴収も難しくなります。

農地の規模拡大や地籍調査でも障害になっているようです。

 

一般に土地を取得したり、相続したりする場合は新たに登記するが、義務ではありません。

このため、管理する手間や費用負担を避けるために登記をしなかったり、

相続放棄したりする人が増えているようです。

 

ではまた次回に。

 

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る