私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

どれを選べばいいの?住宅ローン

2018年01月16日

住宅ローンと一口に言ってもいろいろありますね。
住宅金融支援機構など公的機関のものと、銀行等の民間の融機関が融資を行うものとがあります。

以前は住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)が主流でした。ところが、こちらが原則廃止となってからは、さまざまなタイプのものが利用されるようになりました。
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している「フラット35」といった長期固定金利のもの、
一定期間だけ固定金利が適用され、期間終了後に固定金利と変動金利を選択できる選択型などがあります。

公的住宅ローンには、財形住宅融資や自治体融資などが、それぞれに特徴が異なるため、金利や返済期間、物件の条件、申込の資格などを、個々に確認しておきましょう。なお、勤務先で社員用の融資や共済が利用できることもあります。

フラット35は、省エネルギー性やバリアフリー性、耐震性など優れた住宅の購入の際、金利がさらに優遇される「フラット35S」が利用できます。これはフラット35の技術基準よりも高い、フラット35Sの基準も適合する物件のみのため厳しさはありますが、よりお得になりますので検討してみて下さい。

このように、借入先や物件の条件により、内容は大きく変わってきます。また、同じローンでも、その時々のキャンペーンや優遇金利が行われており、実際の返済額に差ができることもあります。年収や年齢よっても条件が異なるので、各ローンの特徴をよく把握して、最適な組み方になるようにしたいものです。

住宅ローンのご相談をいつでも承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る